最新就業規則集 2018.11 を販売開始

「最新就業規則集 2018.11」  価格:32,400円(税込)

 

☆マイナンバー制度対応

☆有期雇用従業員の更新条項対応

☆無期雇用転換制度対応

☆最新(平成29年10月1日施行)育児介護休業法対応

☆固定残業代制度対応

☆就業規則は、正社員・無期雇用・有期雇用の3本建て

・従業員数50人未満の会社様向け

・社会保険労務士さんなど同業者さんのご購入も大歓迎

(そのままの状態での再配布は禁止ですが、加工後はツールとしてお使い下さい)

・注釈ありと注釈なしのバージョンがセット(どちらもワード)のため編集自在

・就業規則に加え、賃金規程、雇用契約書、入社時誓約書などもセットに

・固定(定額)残業代制度に対応しているのでリスクヘッジも万全

・固定残業代計算シート(Excel)も付属

 

 

 

●クレジットカード決済のお客様(ダウンロード先URLをご案内)

⇒ 決済完了画面で「潟qューマン・コンサルのサイトに戻る」をクリックして下さい。

ダウンロード先を表示したウェブページに遷移します。

誤って、サイトを閉じてしまった場合は、メールでご連絡頂ければ、

ダウンロード先のURLをメールでご案内致します。 

 

クレジットカード決済をご希望のお客様

最新就業規則集 2018.11 32,400円(税込)

※クレジットカード決済は、PayPalを使用しております。

ペイパルアカウントをお持ちでないお客様は、ペイパルアカウントが同時に作成されますので、

ご了承下さい。

 

 

●FAXでお申し込みのお客様(CDロムを発送) 

⇒ 専用のFAX申込書でご注文下さい(代金引換又は先払い銀行振込み)。

 受注確認(振込確認)後、2営業日以内にCDロムをゆうパックにて発送致します。

(送料・代金引換手数料は無料)

 FAX申込書

 

 

●購入フォームでお申し込みのお客様(ダウンロード先URLをご案内)

⇒ 下記の購入フォームでご注文下さい(先払い銀行振込み)。

 お振込先をご案内致しますので、お振込み下さい。

 ご入金確認後、ダウンロード先のURLをお伝え致します。

 

ご購入フォーム(銀行振り込み)

お名前(必須)

(例:山田太郎)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
ご質問等どうぞ
※2500 文字以内でお願いします

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

どういう中身なのか?

こちらがダウンロードしたZipファイルの中身です。

(CDロムも同じ内容です)

   20181103.jpg

 

・17個の書式はすべてワードで加工可能

 

ご参考までに書類の一部をご覧下さい。

 

・注釈付きの就業規則

20181111.jpg

 

・様々なバリエーションの雇用契約書

20181112.jpg

 

・あると便利な固定残業代計算シート

20181113.jpg

なぜ販売するのか?

「就業規則」、それは社労士にとって重要なアイテムです。ノウハウの結晶と言えます。

社労士に本物の就業規則の作成を一からお願いすれば2〜30万円は掛かります。

しかしその値段は決して高いとは思えません。

その社労士が何年もかけて(労力もお金もかけて)蓄積した結晶をもとに、会社さんと何度も打ち合わせを重ねて出来上がる就業規則にしては安いと言えます。

私も20年近く、数多くの会社さんのお話しを聞き、様々なセミナーに出席し、膨大な書籍を買い、判例も読み漁り、労働基準監督署の考え方も学び、会社を守る就業規則、使い易くリスクヘッジに重きを置いた固定(定額)残業代制度を盛り込んだ就業規則の作成に心血を注いできました。

固定残業代制度は、20年も前から手法としてはありました。少し前に、根幹からこの制度を否定するよう判例が続出しました。固定残業代制度=悪の制度という風潮になり、制度自体の導入を避ける会社さんも出てきました。しかし、私は適正な固定残業代制度は労使を幸せにすると信じ、導入の提案を続けて来ました。ようやく最近になり、判例も固定残業代制度に理解を示してくれるようになったと感じています。

私なりに現時点で最強の就業規則集だと信じています。

しかし、そんな就業規則・雇用契約書などをすべてセットで32,400円で売り出そうと決めたのは何故か?

それには、2つの理由があります。

 

1.被害者である社長が多い

真面目に頑張ってきた社長が、未払い残業代請求により従業員から大金を搾り取られることが多すぎます。もちろん、悪質な長時間労働、不払い残業は許されるものではありません。しかし、入社時はお互いが納得していた(残業代も込みでこの月給。残業時間はこれくらいはあるといった)条件を、書面での明示がなかったからといって簡単に反古にして訴えを起こす、あるいは入社時から訴えるつもりで労働関係の書類が不備な会社に入社し、2年すると(時効近くになると)辞め、訴えを起こす。何百万という訴額に社長は自分の報酬を減らし苦しい生活を強いられたり、借金をしたり、他の従業員の給与を減らしたりして対応する。そんなふざけた世情に我慢ならなくなりました。

そんな社長は、社労士に委託するのもお金が掛かるので、インターネットなどで無料の就業規則サンプルなどを使おうとします。しかし、無料のものは所詮無料です。ありきたりの内容であったり、労働者にかなり有利な内容であったり、逆に会社の首を絞めるような内容であったり。そんな就業規則は逆に適用しないほうが良かった、という声もよく聞きます。

 

2.社労士の先生にどんどん使ってほしい

私の体も一つですので、会社さんと直接やり取りをするのには限界があります。事務所のスタッフに就業規則レベルの話をするとなると多大な時間が掛かります。私もよくモデル就業規則を購入し、いろいろな観点から考えるよう心掛けていました。弁護士観点の就業規則と社労士目線の就業規則はまた違うものがあります。弁護士の考えも取り入れながら、中小企業さん相手ですので、言い方は悪いですが泥臭い観点も残しつつ、バランスが取れている、という就業規則を目指しています。そんな就業規則及び書式を作成しているので、社労士の先生方にも是非参考にして頂きたい、という気持ちが強くなりました。

 

 

32,400円とかなりお安く提供していますが、手抜きは一切ありません。

50人未満の会社様向けに限定したのも、小規模会社だから柔軟に規定できるところを柔軟に規定しているからです。中小零細企業に大企業向けの就業規則を適用することは意味がないどころか毒ですらあります。無料の書式集では会社は守れません。社労士が本気で作った就業規則に多少のお金を払ってでも、会社を守って下さい。予防にお金を掛けずに訴訟で多額のお金を取られることは、健康診断を受けずに病気が悪化し高額な医療費を支払うことと同じです。

社労士さんがこの書式集を参考に就業規則を作成し、困っている会社さんを救ってくれたとしたら、こんなに嬉しいことはありません。

開業したての社労士さんであれば、就業規則作成は膨大な手間が掛かるでしょう。そうであれば、この書式集をもとに時間を有効活用し、1社でも多くの会社さんを守って下さい。何十万円の就業規則セミナーに参加する前に、この激安だけど中身はしっかりしている就業規則書式集をまずは参考になさって下さい。